中部労働保険事務組合(福井県・京都府・石川県・滋賀県・岐阜県)

中部労働保険事務組合の概要
労働保険の事務委託 労働保険の事務処理については、本来事業主が行うべきものですが、中小企業(※)に限っては、特別な法律関係のもとで、労働保険事務組合にその事務処理を委託することが認められています。
委託可能な中小企業
「労働者の人数」
中部労働保険事務組合に労働保険の事務処理が委託可能な 中小企業の範囲 「労働者の人数」 は次のとおりです。

金融業 ・ 保険業 ・ 不動産業 ・ 小売業 については、常時使用する 労働者数が50人以下の企業
卸売業 ・ サービス業 については、常時使用する 労働者数が100人以下の企業
その他の事業 については、常時使用する 労働者数が300人以下の企業
委託可能な中小企業
「本社の所在地」
中部労働保険事務組合に労働保険の事務処理が委託可能な 中小企業の範囲 「本社の所在地」 は次のとおりです。

福井県内 ・ 京都府内 ・ 滋賀県内 ・ 石川県内 ・ 岐阜県内 のいずれかに本社のある企業
【ページのトップへ】
労働保険の事務処理を委託するメリット
特別加入制度 労災保険は、労働災害を被った労働者やその遺族に対し、災害補償給付を支給する制度で、労働者の災害補償制度として創設されたものですが、中部労働保険事務組合に労働保険の事務処理を委託した事業に関しては、「事業主や家族従業者、会社の役員」についても労働災害の補償を受けることができる「特別加入制度」に加入することができます。
3回分割納付 労働保険料は、毎年6月から7月上旬にかけて、概算保険料を納付して行うことになっています。

通常、労働保険料が多額の場合に限り、年3回に分割納付することが認められていますが、中部労働保険事務組合に労働保険の事務処理を委託した事業については、労働保険料の金額の大小にかかわらず、この分割納付の制度が適用になります。
年度更新手続 労働保険料の年度更新についても、海外派遣者の特別加入制度や一括有期事業など煩わしい申告事務を、中部労働保険事務組合に委託することが可能です。
【ページのトップへ】